WEB予約はこちら

大阪府河内長野市のトリミングサロンdog salon UNE(ドッグサロンユン)
【営業時間】9:00~17:30【定休日】日曜日、祝日

関節を痛める理由

 

 

 

こんにちは!

河内長野、キックス横でトリミングをしています

ドッグサロン ユン です(*^-^*)

 

先日の連休に看板犬と大きめの公園へ

散歩に出かけました。

約2時間歩きっぱなし、しかもスニーカー

では無いぺたんこ靴。

やっちまいました。

翌日から腰痛と、膝の関節痛に

やられた次第です😓

最近の犬は足腰が弱い?

ある獣医さんが言いました、

『最近の犬は足腰が弱くなった』

椎間板ヘルニアや、関節の脱臼が

確かに多いです。

それは犬側に問題があるのでしょうか?

いえ、

『弱くなるような環境になってしまった』

これが正解です。

弱くなるような環境

犬は昔、土や草むらを走り回り、

人の作業を手伝っていました。

ですが、現代では歩く場所が

ほとんどコンクリートやアスファルト

で舗装されています。 

この違いは、硬さですね、現代では

地面が硬くて、歩く度に骨に衝撃が

加わります。

関節に衝撃が加わる流れ

肉球は衝撃を吸収しますが、

硬い地面で表面が固くなり

衝撃吸収しにくくなります。

これが犬の関節を弱くする

原因となっています。

衝撃は関節に伝わりますが、

関節を守ろうと回りの筋肉は

がんばって固くなり支えようと

します。

しかし、筋肉が固くなると

関節は逃げ場が無くなり

衝撃をそのまま受ける事になり

やがて歪み痛みが出てくるという

流れになります。

影響は関節だけではない

関節、骨を守る為筋肉はがんばって

いる訳ですが、

それが筋肉のこわばりになります。

そして、次に起こる事は筋肉の回り

にある血管やリンパ管を圧迫し

血行不良、むくみを起こします。

それは、内蔵疾患やてんかんなどの

原因にもなるのです。

環境を工夫する

いっそ山に引っ越さない限り、

こういった関節などの病気からは

逃れられないでしょう。

では、何も出来ないかと言うと

そうではありません。

散歩道を工夫

公園や、植え込みは土が豊富です

アスファルトを歩かせるなら

そこを歩かせる練習をします。

水を飲ませる

水が身体にたくさんあれば、

流れは良くなり老廃物も出やすくなります。

水分は筋肉が疲れた時に出す乳酸を

排出しやすくするので、疲労回復

にも効果があります。

水をあまり飲まない場合は、

シロップを少し垂らして甘くしたり、

料理の味付け前の汁を少し垂らしたり

水の味付けをしてみてもいいですね。

温める

全身の血行が良くなれば、

それだけ筋肉のこわばりは

取れやすくなります。

効果的な温め方は、人と同じ

大きなリンパ管の場所です。

脇、首、後ろ足の付け根など

温めた蒸しタオルを袋に入れて

当ててあげるだけです。

犬の暮らす環境を帰る事は

難しいですが、少し工夫して

暮らしやすくする事は出来ます。

いつも、『どちらが優しいか』

の選択を繰り返しましょう。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

ドッグサロン ユン

河内長野市昭栄町7-20

tel

0721-55-2660

mail

info@dogsalon-une.com

web

http://www.dogsalon-une.com

open&close

WEBショップ始めました!
ワンちゃんも家族もみんなが過ごしやすい
『簡単』『続けやすい』を集めました♪
https://dogsalonune.thebase.in/

お友達追加で
ご予約やお問い合わせなど
お気軽にどうぞ♪

友達追加